驚きと輝きに満ちた ”今” の 言葉旅・・・
ヨーガ、ダンス、地球巡り つづれ織り
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
クライブ・シェリダン 御岳山ヨーガリトリート 2018

JUGEMテーマ:ヨガ、瞑想のリトリート ヨガ

今年もやって参りまたしました ♪

【 クライブ・シェリダン 御岳山ヨーガリトリート 2018 】

今年で7度目の開催です!

Webサイト:http://www.wonderyoga.jpn.org/events.html 

きっかけは、7年前、インドで何気なく切り出した世間話でした。

 

2012年、クライブ氏が40年近く続けている

南インド3週間、森のリトリートに参加し始めて2年目の冬。

常にキャンセル待ちの大人気リトリート。

毎年各国から志の高い生徒が集まって来ます。

初参加を果たした前年は

目からウロコの興味深い実話や叡智を大量に浴びた衝撃と

肉体的、精神的に予想以上の挑戦だった感とが入り混じり

複雑な心境で終わったのですが、

翌年、吸い寄せられるようにまた同じ森に

クライブ氏に会いに行っていました。

 

その日の昼休みも、いつものように

森の食堂でターリー(インドのカレー定食)を食べていると

クライブ氏が隣に腰掛け、ターリー大盛りを食べ始めました。

尊敬する大先生の前で緊張していた当時の私は

ここは何か話しをせねば。。!

と内心ドキドキしながら、

当たり障りのない(はずだった)世間話を切り出しました。

「先生、今年も日本に来られるんですよね?楽しみにしています!」

既に3年連続で来日されていたので、

当然そうだろうと思ったわけです。

「それが今年はまだ決まっていないんだよ、オーガナイザーが。

行けるといいんだけどね。。」

「そ、そんな話があり得ますか!?」

(人間国宝のような方が、貴重な経験と智慧を

日本で伝えて下さるおつもりがあるというのに!)

「・・・じゃ、私、やります!・・・Hiroshiさん と一緒に!!」

(あ、気づいたら、口からこんなセリフが。。。)

 

リトリートが終わるやいなや

クライブ氏の元で数年前から教わっていた先輩

楠原裕史(くすはらひろし)さんに事後報告。

(ひろしさん、勝手にすみません!)

ひろしさんは、即座に賛同してくださり。

そんなこんなで、

私たちがリトリートのオーガナイザーを

させていただくことになったのでした。 ^ . ^;

 

この6年間、周りの皆さまの支えや参加者の皆さまのお陰で

何とかやって来られました。感謝です。

7年目の今年も、クライブ氏から伝えられる

生きた叡智を一人でも多くの方に体験していただけたら、

という思いで努めさせていただきます。

今年で72歳になられました。

今もパワフルに、愛情深く、自身の奥深い経験を

シェアして下さるでしょう。

私自身、8年間側で学ばせて頂いた体験は、

何よりも壮大で

感謝してもしきれません。

 

誰しもいつかは、身体を去る日が訪れますが

クライブ先生がこれからも元気でご活躍され

この時代を生きる人に

本質に目覚めるインスピレーションを届け続けられることを願います!

 

今年は9月の連休+平日2日、計5日間の開催です。

標高1000mの自然の中で、身体に活力を戻し、心を鎮めて、

生きた叡智に浸る、

永遠の時のごとき贅沢な5日間を過ごされにお越し下さいませ。

 

今年は、お願いしまして、

リトリートの他に東京で

「 サットサンガ 」ヨーガのお話し会

をしていただくことにもなりました!

サットサンガの語源はサンスクリット語 

サット(sat )= 真実 , サンガ(sanga) = 集い 

の2語でできています。

クライブ氏が、ヨーガについて、

アドヴァイタ(非二元論)やタントラ、バクティなどの

ヨーガに関わりの深い哲学を交えて

1〜2時間ほど語ってくださる予定です。

 

イベントの詳細はこちらのウェブサイトまで↓

http://www.wonderyoga.jpn.org/events.html

 

GW開催「Yoga Arts ヨガ・瞑想・聖なる沈黙のリトリート」

JUGEMテーマ:ヨガ

今年のゴールデンウィークにリトリートを開催致します。

今回は、静かなリトリート。自分の内面をじっくり観察することに重点を絞った企画です。

身体の動きを止めて、発する言葉を止めて、目で受けとる情報をカットして、ただシンプルに座る。

5日間それだけを続けることで、見えてくるもの。

= リトリートの特徴 =

・丸5日間沈黙を保つ(毎日、質疑応答の1時間は発言可能)

・瞑想とプラーナーヤーマ(調気法)がメイン = とことん自分と向き合う環境

・朝の2時間、穏やかなヴィンヤーサ アーサナの練習あり

・日常との接触をカット(携帯電話やインターネット、読書もカット)

・飛騨古川の里山、旧料亭にて完全貸し切り空間と創作ベジタリアン料理

全米ヨガアライアンス継続教育プログラム(CE)に加算対象プログラム(RYT対象)

 

外側の環境が静まると、心の声が聞きやすくなるでしょう。心の声にも色々と種類があって、それらはどれも心の動きです。

この心の動き(動揺)のカラクリを体験的に理解すると、本当に大切なものとそうでないものを見極められるクリアーな意識が浮き彫りになり、迷いや不安なく、あるべき所にまっすぐエネルギーが注がれるようになります。

本来ヨガの目的である、「心の動きを制御する」という意味を実感する糸口 / 初めの一歩 になると嬉しいな、という思いでいます。

 

リトリート進行役は、オーストラリアのYoga Artsの創始者、ルイーザ・シアー先生。毎日3食のベジタリアン料理を、Yoga Arts 講師ニキル先生(ブラジル)と、野田香織さん(広東料理(15年)、ローフード、ハーブ、スパイス、アロマなど幅広い“植物と食物”の研究を経て、各地で様々なスタイルの料理教室、各分野のアーティストとコラボレーションしたフードイベントを開催)が担当、地元のお野菜で創作料理を作ります。経験豊かな、素晴らしいファシリテーター陣です。わたくし真帆は通訳を務めさせていただきます。

 

興味はあるけれど、今のレベルで出来るかどうか心配、ハードルが高そう。。。と思われた方、ヨガ経験の深さや、身体的制限は大きな問題ではないので、どうかご安心下さい。座位を保てるだけの柔軟性や強度は、確かに快適に座る利点にはなりますが、それが無くても、今のレベルで得られる体験が必ずあります。何よりも 関心 ーやってみたいという思いー があるかどうかがポイントです。

 

一過性の楽しさや快適さを求めるリトリートではありませんが、人生に大いに役立つ意識を育む貴重な経験となるでしょう。

詳細、お申込はPrana Motion サイトまで → http://www.006.jpn.org/pranamotion/pg17.html

 

リトリートの終盤、沈黙を解いた後には近くの自然公園へ散歩に行く予定にしています。

去年11月、下見に行った時の写真がこちら↓

x

ついでに下見の翌日訪れた新穂高の景色もどうぞ♪

写真中央がニキル先生、向かって右側がルイーザ先生。左側のローズ先生は今回のリトリートには来られませんが、いずれまた日本にお呼びできたらと思っています。

GW前半、静かな時を共有できることを楽しみにしています♪

 

2018 冬とインド、春と日本

こんにちは。お久しぶりの更新です。

元気に生きております♪

 

未だに、PCと向き合う作業に対する苦手意識がぬぐい去れない

という言い訳を、2018年こそは突き抜けよう、と

今日のところは、そう思っております。(笑)

 

いつも温かく見守ってくださっている皆さま、有難うございます。

 

1月初旬から2ヶ月間、インドでヨガの学びを深め、3月初旬に無事、元気に帰国しました。

今年で7度目のインド。この7年間、最初の3週間はいつも同じ場所に滞在しています。森の中で、ヨガの師と共に過ごす貴重な学びの時間です。

師が伝えてくれる事柄も、練習も、基本いつも同じ。でも毎回、体験が違う。見事に。

自分自身の一年の変化を、そこで確認できるような感じです。

ただ今回は、確認できたその変化が随分大きかった。

師がずっと伝えようとしてきてくれたことの意味や大きさを、今までにない深さで実感することになった、かけがえのない3週間でした。

 

それは、言葉に置き換えると違うものになってしまうので、今はそうしないでおこうと思います。

ヨガやダンスの場を通して、これまでに受け取った学びをできる限り還元していきたいと思っています。

 

森の3週間を経て、カルナータカ州、コルカタ周辺、ダージリンと女神の宿る聖地を巡礼して、帰って来ました。

インドの印象は?と聞かれるといつもまず、「五感が爆発しそうなほどに、毎瞬が強烈&カオス」と返答するのですが、あの国の土台には、それに勝る神聖さというか、神秘というか、頭では理解不可能な、全てを受け止めてくれるような広大さがあり、きっとその部分に惹かれるのだろうな、と思います。

マジカルなことが、必ず起きるのです。

あるいは、体験そのものをマジカルな(魔法のような素晴らしい)事柄と捉えられるような、心の開放感を得やすい環境がそろっている土地/文化なのかもしれません。いつもの思考パターンが勢いよく崩され、瞬時に新たな回路がピピピと繋がる感じとでもいいましょうか。。

 

今回のマジカルもそれはもう色々ありましたが、そのうちのひとつ・・・

野生イルカと

まさかのドルフィンスイム!?奇跡と必然は、もしかすると同じなのか。。 

そのお話はまた別の機会に。。

 

帰国後3週間ほど経った今、ようやく日本に戻ってきた感じです。(笑)ここ数日、雨がしばらく続いてましたが、昨日から青空がまた見え始めた名古屋。シデコブシや沈丁花、クリスマスローズ、満開の花々が風に舞う姿や甘酸っぱいフレッシュな匂い。鳥達の元気なさえずり。嬉しい春を迎えています♪

 

さあ、今日はこれから久々のコンタクト・インプロヴィゼーション クラスのガイドです!私も花達をイメージしながらダンスして来ます!

 

クライブ・シェリダン御岳山ヨガリトリート2017

JUGEMテーマ:ヨガ

今年もクライブ・シェリダン御岳山ヨガリトリートを開催いたします。

http://www.wonderyoga.jpn.org/events.html#Clive_Mitake

 

早いもので、今年で6年目になります。

毎年9月の中旬から下旬に開催していましたが、なにせ季節の変わり目。

台風やら雨やら、これまでに数々のハプニングを切り抜けて参りました。

今年は少し時期をずらしてみようか、という話になり、10月初旬に開催する運びとなりました。

 

今年は秋が早めに到来した様子で、もう都会でも朝晩は随分涼しくなって来ていますね。

御岳山の標高は900メートルあるので、涼しいリトリートになるかな。

今年のリトリートは、ちょうど満月のタイミング。

月夜のもと、遠く彼方に東京の夜景が広がる御岳神社の高台を抜けて、

山の中腹の、森の広場で夜の瞑想も良さそうです♪

 

叡智溢れる賢者と共に、日常と離れた自然豊かな環境で過ごす4泊5日間。

一生で考えたらほんの一瞬の時間だけれど、永遠の時を感じる5日間。

 

心・身体・魂に栄養補給を。

そして永遠の”今”と繋がる喜びの瞬間を。

 

詳細はこちらまで。↓

http://www.wonderyoga.jpn.org/events.html#Clive_Mitake

 

 

 

 

2017年上半期のまとめ 初夏の三重 編 ヨーナス・ウェストリング WS

JUGEMテーマ:ヨガ

2017年の上半期活動、春編に続いてご報告です。

 

ヨガアーツTTCを終え、一息ついていざ三重県桑名市へ。

5月下旬ー6月上旬、十数年来の友人のヨガセラピューティックコース通訳をさせていただきました。

ヨーナス・ウェストリングは、理学療法士であり、経験豊富なアヌサラヨガティーチャー。身体の安全な使い方や、疾病を抱えた生徒にどのようにヨガの練習を提供できるかについて、豊富な解剖学の知識と、即実践に活かせる指導をしてくれました。3,4年ぶりの再会でしたが、相変わらず冷静かつ的確な指導者で、私にとっても新しい発見がたくさんありました。

2月にインドで出会ったムージの話やインドの現代のヨガ指導者、サッドグルの話にも花が咲きました♪

そういえば、ヨーナスのウェブサイトには、いつかの桜の季節に友人達と川辺でciをした時の写真が載ってたりします。

 

 

5日間のコース終了後に主催してくださったクミさんが近くの自然に連れて行ってくれました♪

素敵な神社と滝のある、初夏には蛍がたくさん見れるという、桑名の奥の知る人ぞ知るパワースポット。

 

温泉に入ってツルツルになって、美味しい蕎麦を食べて帰りました。

オーガナイズしてくださったシャクティモンディ・ヨガスタジオのクミさん、ありがとうございました☆

参加された三重の皆さま、歓迎してくださりありがとうございました!

ヨーナス、5日間惜しみないシェアをありがとうございました☆

 

そしてその後、自己練+名古屋でのレギュラークラスとC.Iの練習に邁進する清々しい夏の3ヶ月を送ることになる2017年中盤でした♪

 

8月に開催したC.I 集中WSの様子もまたご報告したいと思います。

2017年上半期のまとめ 春の刈谷市編 Yoga Arts TTC

JUGEMテーマ:ヨガ

 

前回から引き続き、2017年上半期ダイジェストで活動のご報告です。

5月中旬にはヨガアーツティーチャートレーニング前期を開催しました。刈谷市のヨガスタジオアヒムサーにて10日間、みっちりヨガの基本、指導の基本、解剖学の基本を学びます。

レベル2(300時間)トレーニングも同時開催。レベル2はヨガセラピーの要素がふんだんに盛り込まれています。

 

10年ぶりに愛知でトレーンングを開催することに。私は今回もオーガナイズと通訳としてサポートさせて頂きました。

先生方、生徒のみなさん、場所を提供してくださったスタジオアヒムサさん、そして実現に向けて共に進めてきてくれたヨガ友に感謝!

レベル2受講の皆さん。指導歴15年を超えるベテラン勢。

ルイーザの、洞察力と愛情溢れるアジャストメント

頭と身体を解き放つ効果のあるコンタクト・インプロビゼーション(c.i)のクラスを担当させてもらいました。

プルシャ(シヴァ)とプラクリティ(シャクティ)や、観るもの、観られるものというヨガ哲学からの観点をc.iに応用してワークを行いました。

リラックスした状態で、自分の呼吸と相手の呼吸を同時に聴く場面。10年前のTTCで解剖学を教えてくださった、素晴らしい先生クリス・カマー(現在カナダ在住)のワークを再現しました。クリス、ありがとうございます!

コース終了後の持ち寄りパーティーにて。

今回開催に向けて一緒に企画、準備をしてきた仲間達。皆さん各方面で大活躍中の素晴らしい先生。10年ぶりにヨガの場を共有させてもらえて感謝!

自然の中へ。

 

ルイーザ、ニキル、この愛知の地で、尊いヨガの学びの2週間を引っ張っていってくださり、ありがとうございました!

 

10月中旬には後半の10日間が待っています。

お二人の他に、哲学を担当してくださる、ローズ・ボーディンさんが加わります。ものすごくパワフルなヨギニとのこと。

後半も通訳とコンタクト・インプロビゼーションを担当致します。

いや〜、今から楽しみです♪

 

 

2017年上半期のまとめ 冬のインド編

JUGEMテーマ:ヨガ

お久しぶりの更新です。今年も9月の半ばを過ぎ、秋の気配を感じる近頃です。

この上半期、下半期の半分も色々と活動してまいりました。そして2017年残りの3ヶ月もイベントが盛りだくさんなのですが。

ひとまず今日は、上半期の活動の一部をダイジェスト版でご報告いたします。

 

1、2月と今年もインドでヨガの探求をしてきました。初めの3週間はクライブ・シェリダン師と共に森の中で3週間のヨガ修行。

世界中から集まった35人のヨギと共に早朝から日暮れまでヨガとセルフインクワイアリー(自己探求)に勤しみます。

3日間のマウナ(沈黙の業)後、パートナーヨガ。それ以外の時は写真を撮っている暇がない。。

 

シルシャーサナ(頭立ち)からピンチャマユラーサナ(前腕でのバランス)へ移動したところ。髪の毛が邪魔して頭が浮いているのがわかりにくいですが、浮いてます。余分な力が入ってなくて、大変そうに見えない。我ながら綺麗にとれているアーサナだと思います。(笑)

 

毎日こんな森の中を散歩します。

 

リトリート最後のサットサンガ(講話)後に。毎年全く違う体験をしますが、今年は内側の大きな変化が実感できた心平和で、感謝に満たされていたリトリートでした。

 

 

カルナータカ州、コルール村にて、女神の寺院を訪ねて。

シャンカラが瞑想していたという洞窟のある、クダチャートリー山

 

美しい川へ沐浴タイム 

 

ムーカンビカ女神の寺

 

人々の願いが込められた光。

 

パワフルな女神のエネルギーと由緒あるシヴァ寺院が共存するベンガル地方の村へ

シヴァ寺院の一角

 

女神の住む場所にて。

 

のどかな田舎の風景が広がる。

 

温泉が湧き出る村のサンセット

 

 

仲良くなったバウルの人々とばったり電車で再会、魂の歌を目の前で唄ってくれた。

 

 

北インド、リシケシへ。ガンジス川沿いの洞窟にて沐浴と瞑想

ガンジス川で沐浴 

 

ひっそりと佇む洞窟

 

ガンガー添いの誰もいないシヴァ寺院 

 

ガンジス川沿いで賢者との偶然の遭遇!

アドヴァイタ・ヴェダンタを現代人に、解りやすく、ユーモラスに説いてくれる賢者mooji(ムージ)。ちょうどリシケシで、公開サットサンガをされていると聞き、リシケシ到着翌日、早速参加する。(誰でもドネーションで参加できる会なのだ。)

この日は週に一度のサットサンガお休みの日。夕方、洞窟からバイクを走らせ帰路についた時、 お散歩中のムージにばったり遭遇!幸いなことに、ほとんど人がいない。バイクを止めて、友人とそばまで歩いて行き、挨拶をする。「どんな一日だったかい?」と温かく迎えてくれるムージ。世間話がひと段落ついて、沈黙。。すると予期せぬ展開に。。

私のこの口からポロポロっと言葉が出始めた。昨年起きた意識の大きなシフトについての話が出てきて自分でも驚いた。ひとしきり話すと、ムージが微笑み、それについて個人的なアドバイスを下さった。的を得た、的確なお話しで、今後の旅路の大きな励みになるアドバイスとなった。クライブと同じところから話してくれる。ただそれが、ムージ独特の表現となって出てくる。

出会うべくして、とはこのことかと、またしてもインドの奇跡に驚かされる。。その後夕食を共にし、色々なお話を聞かせてくれた。嬉しい出会いに心躍らせ眠れぬ夜を過ごし、その後数日間、帰国便に乗るその当日まで、ムージのサットサンガに毎日通うことに。。

朝、ガンガーを30分程歩いて下る。

この先の、リシケシタウンにあるアシュラムにて、1500人〜2000人あまりの、世界中から訪れる探求者へ向けて、ムージの公開サットサンガが行われる。

 

今回7度目のインドでしたが、色んな意味で、今までで一番強烈な体験をした、インドの計り知れない奇跡を何度も目の当たりにし、旅を終えてなんとか無事に帰国できました。

 

春にはYoga Arts 講師養成200時間 オーガナイズ兼通訳、ヨーナスウェストリングのヨガセラピー・コース通訳と大仕事へと続きますが、それは次の物語。。。

 

湯谷温泉 秋のヨガリトリート

JUGEMテーマ:ヨガ

こんにちは。間近にせまるイベントのお知らせです☆

今年も湯谷温泉にて秋のヨガリトリートを開催致します。

清々しさが心に浸透するヨガはもちろん、絶景の露天風呂、絶品のベジ創作料理、森林散策など、至れり尽くせりの長い週末となるでしょう!

ファシリテーターは今年ももちろん ルーシー・ロバーツ & 島田真帆 です。

今年で4回目となる湯谷温泉リトリート。

毎年国際色豊ですが、今年はそれに加えてファミリーで参加の方々も!

ルーシーさん自身も今年4月に出産をし(41歳での初産!)パートナーと赤ちゃんと3人で来日されます。

0歳から70歳前後の方まで参加される、国籍,年齢、人種、性別を問わないより開けた形でのリトリートになそうです。

20代中頃の、自分の道を探していた私に初めてヨガを教えてくださった恩師であるルーシーさん。15年近く経つ今も、あの時と同じ輝きで、経験を積まれた貫禄が増してどんどん美しくなっているように見えます。

私は今回も通訳とアジャスト、そしてダンス(コンタクト・インプロ)のクラスを担当します☆

 

急なお知らせですが、まだ若干空きがありますので、興味のある方はコチラのウェブサイトをご確認ください。http://www.006.jpn.org/pranamotion/retreat.html

タイミングがあったら、ラッキー間違いなしです!

 

 

香嵐渓 Detoxリトリート'16

JUGEMテーマ:ヨガ

曇り空の名古屋からこんにちは。また台風が近づいているようですね。。

今日はこれから京都へ向かいます。

クライブ先生が到着され、明日からいよいよ始まります!

今年の京都・御嶽アドベンチャー!

興味のある方受付まだ間に合います☆ 詳細はコチラです

 

10月には紅葉で有名な香嵐渓でデトックスリトリートを開催予定です。

名古屋から1時間ほどの、豊かな自然の中にある庄屋古民家と周りの森が舞台。

沈黙の行「マウナ」と半断食で内臓と脳のデトックス。

朝夕のヨガはもちろん初秋の森探索や温泉も楽しめる、気軽に週末リトリート。

いつも忙しく大きな音をたてている体内システムのボリュームを少し下げて

木々や花たち、小川や風や石や自然の中にいる生き物たちの語らいに耳を傾けたり

普段聞こえてこない、案外大切な内側の声に気づいたり

すでに十分に備わっている私達の豊かさを、素直に味わえる週末になると嬉しいな。

詳細はコチラです → Prana Motion 10月 香嵐渓リトリート

自然はどこまでもクリエイティブで、寛大で

存在そのものをそのまま静かに認めている。

詩人 まど・みちおさんも、こんな風に描いている。

 

『人ではない!』

持っている手をはなすと コップは落ちる

そうして教えてくれるのは 人ではない

 

落ちたコップは いくつにか割れる

そうして教えてくれるのは 人ではない

 

コップの中の水は とびちる

そうして教えてくれるのは 人ではない

 

とびちった水は やがて蒸発する

そうして教えてくれるのは 人ではない

 

この世のはじめから そうしていちいち

教え続けてくれているのは 人ではない

 

ああ 人ではない! つきない不思議を

えいえんに 教え続けてくれるのは

 

 

まどさん、ありがとうございます!

 

 

秋の週末、一緒に自然の中におじゃまさせていただきましょう。

 

クライブ・シェリダン ヨーガリトリート & ワークショップ 2016

JUGEMテーマ:ヨガ

 

ご無沙汰しております!

師匠、クライブ・シェリダンのヨガワークショップ&リトリート、今年も開催致します!

日にちが押し迫っていますが、ご予約まだ受け付けています。興味おありの方、ご連絡ください☆

enquiry@wonderyoga.jpn.org

 

 

**** クライブ・シェリダン 来日イベント  2016 ****

【京都ワークショップ】

日程:9/17・18(土・日)

場所:京都市右京区 嵐山 時雨殿

参加費:¥24,000 (¥14,000/一日)

詳細:http://www.wonderyoga.jpn.org/events.html#Clive_Top

 

【御岳山リトリート】

日程:9/21-9/25 (水−日)

場所:東京都青梅市御岳山 御岳山荘

参加費:¥99,000 

詳細:http://www.wonderyoga.jpn.org/events.html#Clive_Top

 

お申込み・お問合せ先:enquiry@wonderyoga.jpn.org

 

*京都ワークショップについて、連休中で宿がとりづらい状況です。

オーガナイザーの方で宿を確保してあります。( 男女別の相部屋:6,300円/ 1泊 )ご希望の方はご案内致します。

 

皆さまにお目にかかるご縁のあることを祈りつつ・・・